あなたの欲しい1台お探しします!

チェロキー専門店

営業時間 10:00~19:00 
定休日 毎週水曜日
フリーダイヤル 0120-390-737

MENU

HOW TO SELECT HOW TO BUY
チェロキーの賢い選び方と
買い方

大切なのは良い中古車販売店を選ぶこと

まず大切なのは、良い中古車販売店を選ぶことです。これさえ失敗しなければ、ハズレ車に出会う確立は大幅に減らすことが出来ます。お客様のニーズをしっかり聞いて叶えてくれる事や販売店の売りたい商品を押し付けようとしていないか意識するのも大事ですね。販売店によって、購入後のアフターサービスもかなり変わってきますし保証内容も違います。

また、チェロキーの販売台数が少なく情報が十分でないお店に多いのが、『故障は少ないですよ』、『外車なのでオイル漏れは当たり前ですよ!』と言うところもあります。どちらにしても、故障もオイル漏れもありますが、事前に手入れをしてあげれば、オイル漏れはほぼ無くなります。また、故障に関しては事前に8割以上回避出来たりします。後の2割に関しては、アフターフォローがきちんとしている販売店を選びましょう!

販売店によって相当な価格の幅が!

年式、色、走行、グレード、カスタマイズによって値段が変わってきます。特殊なのは年式によって人気車種がありますので、年式が古くても価格が高い車種もあります。

 

販売店によってはかなりお安く売られているお店もあるかと思いますが直ぐに購入するのではなく販売までにどのような整備をしてくれるのか?アフターフォロー、保証内容なども細かく確認して下さい。お車の価格だけで購入されているお客様も居られますが、結果的に修理などでお高くなるケースが多いので 内容を十分に確認してご購入された方が良いでしょう。

 

とにかく、故障を少なくして安心して乗りたいお客様には、あえて価格の安いお車をチョイスして消耗品の交換に費用を掛ける事をお勧めします! また、どうしても欲しい車があるけど探しても見つからない、そんなときにはオークションなどで仕入れてもらい 欲しいお車に仕上げるのも一つではないでしょうか。

様々な中古車販売店があります

車両価格が安い販売店、価格が高い販売店・自社工場完備有り・納車前に点検をします・保証有り・修復歴なしと色々とあります。この代表的なものを上げてみても様々な仕組みがあります。購入の際にはこれらのことに注意を向けて推測して購入されると良いお買い物になるのではないでしょうか? 下記にそれぞれの注意点を記載しておりますので、ご購入の際のご参考にしてください。

失敗しないポイント

保証について

中古輸入車の保証は、まだまだ無という販売店も少なくありません。ポイントとしては、保証期間はどれくらいなのか、保証の内容は自動車公正競争規約に基づき保証書を発行するとともに記載事項を買主に説明しなくてはいけませんのできちんと確認して下さい。また、車によっては購入後、次の日にランプが切れるなど点検では調べるところが難しい個所もあるのでそのような時はどのような対応をしてくれるのかもしっかり確認しておきましょう。

当店の保証期間は基本3ヶ月ですが、チェロキー専門店ならではの独自保証システムを採用しておりますので、こちらをご検討して頂きますと1年間走行距離無制限の保証をお付けしております。
また保証内容も3ヶ月間は初期不良の際、電球1つであってもすべての消耗品の交換をさせて頂きます。

納車前の点検

実際、整備費用をとって費用に見合わない整備をしている所もあります。 納車前にどんな点検をしてくれるのか、現状販売なのかをきちんと確認しましょう。確認のポイントは具体的にどのようにしてくれるのかをよく確認します。
そして、整備したことが分かるように点検記録簿をつけてもらいましょう。チェロキーに詳しくない販売店では、一般車両と同じくらいの整備内容のところもありますが、当店では、チェロキーの弱みを理解したうえで点検整備し改善してお渡しさせて頂きます。
また、点検記録簿の項目だけではなく内装のスイッチ類やエアコン、ヒーター等も 改善して納車させて頂きますので、購入後の修理費用に関しても格段に抑えれることが可能です。

諸費用に注意

車を購入する際には、車輌本体価格以外に登録手数料、車庫証明申請代行料、納車費用、法定諸費用というのがかかります。法定諸費用とは、登録に必要な印紙代、車庫証明申請証紙代、ナンバー代などです。
車検受け渡しの車両の場合、自賠責保険、重量税、年式の新しい車だと取得税が必要です。ですから、諸費用も必要なもの以外が記載されていないかチェックが必要です。
また、販売店によっては車検整備費用や点検費用、その他費用などありますので確認下さい。当店では、販売に関しての整備費用は車両価格に含まれておりますのでご安心ください。

価格が安い販売店、価格が高い販売店

チェロキーを購入するときに「価格があそこの販売店の方が安かったよ」と言われる方がいます。価格が安いチェロキーを販売しているお店の特徴ですが、専門店以外でたまたま下取り車で入庫したケースが殆どです。
なので、チェロキーに対しての知識がない所が殆どなので、納車前整備やアフターフォローが万全でなくお安くなっているケースが多いです。
勿論、整備など万全では無い為に当たり外れがあり、実際に乗ってみてから色々と問題が出てくることがあります。
ある意味賭けみたいなところがあるので勝負強い方はいいかも分かりませんが、大切に乗られようと思っている方は知識が豊富なところがいいでしょう。
価格の高い販売店でも安心とは限らないのでそれなりの理由を確認して購入しましょう。当店では専門店ですので納車前整備やアフターに力を入れております。その分、当然費用が掛かりますので一般のお店に比べれば割高かも知れません。 しかし、購入後に掛かる修理代などを比べると結果お得な場合が多々あります!

修復歴車に注意

みなさん良く「事故車、事故車」と言いますが、「事故車」とは??どのようなものなのでしょうか? 事故車というと自転車にぶつけられて、バンパーに キズがついた。これでも「事故」といえば「事故」ですよね。
しかし、これで事故車かと言うとそうではありません。「事故車=(修復歴車)」の定義は日本査定協会の基準に 準じています。溶接でとまっているところが修理、板金、交換したものが「修復歴」だと思ってください。 簡単に言うと、「ネジ、ボルト」でとまっている部品はいくら交換や修理していても「修復歴」にはなりません。
コアサポート(ボンネットを開けると一番手前に見える棒、ライトの後ろにある鉄板)は修正していてもOKですが、「交換」していると「修復歴車」です。
修復している箇所によって「修復歴車」かどうかが変わります。修復箇所によっておすすめできる、おすすめできないがあります。詳しくは販売店に聞いてみるといいでしょう。

よい中古車販売店を選ぶ

よい中古車販売店の選び方はズバリ「人」だと思います。購入先の販売店の営業マンがとてもいい感じの人だったから購入した。これも販売店選びの一つのポイントになります。
しかし、中古輸入車ではアフターサービスがとても重要になります。その販売店と末永く付き合っていくには、営業マンだけでなく、サービスフロントマンや整備をしている方、事務の方の人柄もチェックポイントになるのではないでしょうか。
人柄をみるとその会社の方針もよく見えてくるので判断材料にしてみてください。

実際に乗ってみる

①実際に運転してみて、広さや使い勝手などをチェック。
②乗り心地や取回しをチェックし実際の使用感を確かめる。
③異音や気になる音があれば担当スタッフに聞いてみて理解をし、不具合であればどの様に対処してくれるのか聞きましょう。

アフターサービス

販売店によってアフターサービスは色々ですし国産などはどこでも扱っているのであまり心配は無いかも知れません。しかしチェロキーに関しては、年数も経っておりますし走行もそこそこ走っている車が殆どですので、アフターフォローは重要になってきます。
購入後の故障の際に部品の手配は出来るのか?純正パーツ、社外パーツ、中古パーツによっても修理代金は大きく変わってきます。いざ故障した際には多くの修理工場さんは故障の原因をピンポイントで見つけるのが難しく、原因となる幾つかの部品を交換するケースが多いので費用もお高くなります。中には販売はするが、アフターは見れないという販売店もあるみたいですので購入の際には詳しく確認することをお勧めします。
当専門店では、チェロキーの弱みである水廻りなどの消耗部品は殆ど在庫し、社外パーツの他に部品取り車を常時4~5台置くなど、中古パーツも取り揃えておりますので、お客様の御予算に応じて対応致します。 また、チェロキーの修理経験も豊富にありますので、ピンポイントの修理も可能です。

車種・グレード・色のバリエーション

当専門店は年式・グレード・色のバリエーションを豊富に取り揃えており、全国でもトップクラスだと自負しております。
その中でもカクカクしたフォルムのスタイリッシュなXJチェロキーは、 一度ご来店いただければスポーツ・LTDといったグレードの違いや魅力がお分かり頂けるかと思います。
また、お客様ご自身が『欲しいチェロキーと少しイメージが違う!』『メッキグリルだと良かったのに!』『クリアレンズが付いている方がよかった!』『純正バンパーが良かった!』『ホイールはブラックが・・・。』等々少し変わっていればよかったのに~と思っている方は多いかと思います。
そこで、当チェロキー専門店ならではのパーツなどはご希望に応じて無料で交換させて頂きます!

専門店だから分かるチェック方法

①エンジンをかけましょう

●始動時のエンジンのかかり具合の確認
エンジンのかかりが非常に悪い時は、スターターや、クランク角センサー、点火系などの点検をしてもらいましょう。

●アイドリング状態の確認
アイドリング状態が悪い時には、センサー類の不具合があるかもしれません。納車前にチェックしてもらいましょう!

②エンジンルームは必ずチェック!

●水廻りのチェック(ラジエーター、ウォーターポンプ、サーモスタット、ホース類)
チェロキーの弱い所で良く言われるのは、「水廻りの不具合」です。大きなエンジンを搭載しているので、エンジンルーム内は非常に高温になります。そのため、その熱によりゴム類などの劣化が進みやすなります。しっかりとチェックして、対応してもらいましょう。

③低年式のチェロキーだからこそ専門店で!

一般の中古車販売店でとても低価格でチェロキーを発見することが多々あります。
だからと言ってすぐに飛びつくのは要注意です。せっかく安く購入しても、結局はかなりの整備代がかさんでしまった…なんてことも。
もちろん、安いからと言ってダメだということではありません。納車前にどのような整備をしてもらえるのかをきっちりと確認することが大切です

④ヘッドライトに要注意!

ほとんどのチェロキーユーザーが悩まれているヘッドライトの明るさ。特に雨の日の視界の狭さにはストレスを感じられることでしょう。
明るさの確認をして、やっぱり暗く感じるようなら、納車前にHIDなど対策をされた方がいいでしょう。

⑤頭の上もしっかり確認を!

チェロキーの室内の天井ですが、ぜひ確認ください。内装生地が剥がれて、ハンモックのように内張りが垂れ下がっているものもあります。
もちろん張替え可能ですが、結構な費用がかかりますので、ご購入時に相談されてみてはどうでしょうか。

⑥チェロキーを手に入れた後のこともイメージして!

チェロキー7MXは1993~2001年の期間で新車販売されていました。一番新しいものでも13年の月日が経っています。ですから、納車までの整備も大切ですが、手に入れてからのメンテナンスが非常に大切なのです。
多様な点検・整備に対応ができるお店で購入されるのが、長く乗り続ける方法の一つです!

⑥購入後のこともイメージして

チェロキー7MXは1993~2001年の期間で新車販売されていました。一番新しいものでも13年の月日が経っています。ですから、納車までの整備も大切ですが、手に入れてからのメンテナンスが非常に大切なのです。
多様な点検・整備に対応ができるお店で購入されるのが、長く乗り続ける方法の一つです!